施術者紹介

50代の女性の鍼灸師です。 2014年にはり師・きゅう師の資格取得後、不妊治療で有名な東京の鍼灸院で勤務した後、地元の整骨院にて鍼灸を行う傍ら、マッサージなどの技術を学びました。 訪問鍼灸は、松戸市や船橋市の鍼灸院で経験を積んできました。

私にとっての訪問鍼灸の魅力は、くつろいだ雰囲気で日常生活のあれこれについてお話しながら施術できるところでしょうか。また、時には患者様の身体の変化にお互いに集中している沈黙の時間もあります。瞑想のようなひと時です。 辛い症状が少しでも楽になり、笑顔が見えた時は本当にうれしくなってしまいます。その患者様の人生の一コマのようなお話を伺うのも楽しみの一つです。加えて、通院と違って、天候に関わりなく定期的に治療できる為、お身体の変化を確認し易く、施術の改善などにも繋がりやすいとも思っています。

治療経験としては、主に、頸肩の凝り、腰痛、膝の痛み、五十肩、坐骨神経痛などがあります。 他にも、不眠症や耳鳴りなどの改善も行ってきました。 脳梗塞後遺症の麻痺の症状にも対応してきました。


私から見た鍼(はり)治療の良さは、「すっきりする」です。 特に頸肩の凝りはマッサージよりも鍼の方が取れやすくまた長持ちします。 頸肩が軽くなるとなんと腕のみならず腰までもが楽になることがよくあります。    また現代病ともいえる目の疲れも取れ、気分爽快です。

お灸はどちらかというと「ほっとする」でしょうか。 その温かみが身体の緊張を和らげますので、副交感神経が優位となり身体の「治す力」つまり自然治癒能力が高まります。 痛みに耐えて緊張していた身体がほぐれていくことで、血行も良くなります。


私の普段の生活は、「のんびり」です(笑)

チワワ(♂)を飼っていますので、愛犬と戯れる時間はなんとも言えない癒しの時間です。

自然散策が大好きで、犬と散歩しながら、小さく咲く野の花を見つけては写真を撮って眺めています。